Family Art Day in Moerenuma Park ! ワークショップ開催に寄せて

親子で楽しむワークショップ午後の部へお越し下さいまして、誠にありがとうございます。
青森県出身、札幌在住9年目、美術作家の中嶋と申します。今回、withart主宰の本間真理さん
からお誘いいただき、私ができること伝えるべきことは何かと思いを巡らせました。「親子」と
いうキーワードを復唱するうちに、私自身の芸術に対する考え方は両親からの影響がとても強い
のではないかと改めて気付きました。少しだけその理由を述べさせていただきます。

私の幼少期は、休日を家族で謳歌できるような環境ではなかったように思います。兼業農家でし
たので、時間の許す限りは農作業のために山や畑に入っていたのです。当時、クラスの他の子ら
と比べて自分の置かれている環境との違いに悩んでいたこともあります。そんな私が小学生だっ
た頃のある時、口数の少ない朴訥とした、いかにも津軽の気風を持った父親が「自然にはなんで
もあるから飽きないな」と突然呟きました。驚いた私は、その呟きの意図を探る必要もないまま
に全幅の信頼を寄せたものでした。またあるとき、私が二十歳を越えて新米の農家としても美術
家としても希望や挫折を抱いていた頃には「山はいい、何も考えなくていい」と、独り言のよう
に、しかし、息子にしっかりと聞こえるように呟いていたのを聞き逃しませんでした。四年に一
度ぐらいの、まるでオリンピック開催の周期に合わせたかのようにぽつりと呟くいずれの瞬間も
農作業の休憩中の出来事です。私は「うん」としか答えようがないのでした。

今その記憶を思い出そうとすると、不思議ですが、現実感をなくして幻の世界に紛れていた映像
が当時よりも鮮明に、過度にあらわれます。父親の声の残響に乗った風が草花の一葉一輪を余す
ことなく揺すり起こして山の斜面を駆け下りる、そんな映像です。そして、こんなことを考えて
いる現在だからこそ、言葉と現象、そして記憶と思惑を混ぜ合わせては想像力が心の中にしっか
りと結晶化されているような気がします。

決して、ああしろこうしろと強要されたことはありませんが、親が自己の感心をおもわず吐露す
る、そういった言動が、他の知識や経験に先立って精神に深く沈み込み、いつどんな時でも開け
られる引き出しに入った宝物として輝き続けているんだなと、改めて思います。他人の言葉を飲
込める時期に傍に偶然親がいた、ということだけなのかもしれませんが、それは、子どもが成長
した後、自発的に「自分とは何か」という問いを立て、さらに進むべき道に足を踏み入れようと
しているタイミングで、そっと、静かに、優しく、背中を押してくれる宝物なのかもしれないと
考えます。

                               2016年7月3日 中嶋幸治
 
 

「怪物君、歌垣」吉増剛造展 案内状について 2015年

印刷:木版、活版、凸版、ゴム版、オフセット
部数:2枚1組、250部
製作:中嶋幸治 + 酒井博史(日章堂印房)
写真:中嶋幸治 《垣根考》2015年(紙、糸、マラブー)

今展「怪物君、歌垣」の題字六字から「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに八重垣作る その八重垣を」
(古事記)を新たに連想し、また、これまでのテンポラリースペースにおける吉増剛造展を踏まえて、
詩の草稿の筆跡と色彩を平面状のマス目から雲の様に立ち上らせようと試みた。そこには、言葉から
羽化する「怪物君」の甘美な姿を虚像していたのかもしれない。誰もが孤独の内に抱えるであろう、
様々な垣根とその垣根の向こう側の景色を、疎ましさを、努力によって克服すること、想像すること、
その事態をわれわれ人間は謳歌できるのではないだろうかと考察する。

この案内状は「怪物君、歌垣」という題字を基点に、歌の根源へ立ち返るとともに詩の現在進行形を
立ち上がらせることを製作者同士の対話と想像によって目指し、さらに、呼応させるようにして、木
版印刷、活版印刷、凸版印刷、ゴム版印刷、オフセット印刷、といった新旧の印刷技術を用いて製作
した。

 
 

札幌国際芸術祭500m美術館 北海道のアーティストが表現する「都市と自然」−「時の座標軸」−

「故郷をつくる」吸取紙、雁皮紙、紙、染料、生麩糊、土、モルタル、ピアノ線

①札幌で暮らし始めて1年目の冬、地図を元に道路と河川のみを紙に複写した作品を制作した。サイジ
ングを施していない紙(耐水性向上剤を加えていない)に鉄筆で傷痕を付けただけの、見た目には白い
だけの作品である。この作品は札幌でお世話になったある方へ向けて「往来、なけなし」というタイト
ルで制作した。

展示した作品を見た市民から「本当の札幌を知ったような気がした」と言葉を頂いた。この街で暮らす
人にとっての「本当の」とはどういうことだろうか。

状況によって如何様にも変化し、昨日のことが無かったかのような暮らしが慣習となれば、我々の故郷
は、体を遠く離れたいつかの場所でしか感じられなくなってしまうだろう。

地図も景観も風の流れ方も日々、我々の手によって更新される。本当の故郷をつくらなければならない
その手が、本来のかたちや色を失くしてしまう恐れのある手であることも忘れてはならない。

②情報を極端に削ぎ落とした白地図、札幌での生活から感受した風土を象った紙、ものごとを作り出す
要としての手、それらの組み合わせから故郷の在り方につい て問う作品を制作した。

③白地図中央、長方形の立体を設置。(札幌市中央区北5西8)伊藤邸。伊藤義郎・伊藤組土建名誉会
長(札幌市商工会議所名誉会頭)の邸宅敷地問題は札幌市から都市と自然を考えるにあたって、現在進
行中のものとしては最も興味深い問題である。自然を残しながら高層マンションの開発を進めたい土地
所有者の意向と、自然を守りたい市民の主張が市議会を中心として慎重に審議されている。敷地面積は
約1・4ha、敷地内には開拓当時の自然が残されている。多くの樹木が生い茂り、豊平川の伏流水が
湧き出るメム跡も存在する。

 
 

個展「風とは」案内状記載 2014年

もしかすると
大地のため息のような
名前や台詞や正体のない
空気の流れを集める収集家が
世界のどこかにいるかもしれない
いつかお会いすることがあるならば
この紙片を栞のようにして紙束へはさみ
開いた頁に指差しながら言葉を交わすだろう
「これがお伝えしていた風の流れ方ですよ」
「ほーう、ずいぶんと、ひとっぽいじゃない」

 
 

「朝の光の中で」WEBマガジン「FIL SAPPORO」2012年10月号掲載

立天文台天文情報センター暦計算室から日出時刻を調べた後に
まだ夜のうちの森へ出掛けた

梢を縫って落ちてくる鳥の叫びも
ましてやウォーキングポールが空を切る音も聴こえない

人か動物かどちらかが残したけもの道を分け入る
衣服にダイコンソウの種子が無数に付着する
捕獲班に追われた逃走熊の胴体に(親離れしたばかりの)
可愛げなピンバッジのごとく貼り付いた種子もあるだろうと
そんなことを考えながら歩いていた

魚が漂うわけでも無い木の枝に
細い糸と針で拵えた釣り道具が設置されていた
実体の無いものを捕まえるためにはもう少し工夫がなければいけない
例えばカギ状の針の先にいつまでも現像できないでいる言葉を餌にして

予想よりも深かった泥濘に立ちすくんで
草木を無理に起こすまいと気を配りながら
目的のものが不意に現れて消えてしまわないように
身を潜めて森と同化してしまおうと試みた

やがて国立天文台天文情報センター暦計算室が指定した日出時刻
森の裂け目から落ちてくる鳥の歓喜も
ウォーキングポールの振り幅分の共振音も
幼い熊がとうもろこし畑で眼を覚まして満腹の腹をさする姿も
羽状複葉の緑と花の黄色で再生されていくけもの道も
それぞれがそれぞれの光の受け止め方で朝を纏い始めた

少し風が吹いただろうか

渺々たる朝霧のひとつひとつの水滴の中に紛れた一滴の幻を
とうとうハンターが捕らえたらしい
身仕度を素早く終えて森を出ようとしていたが
足下の泥を拭いていた私を見つけると近寄ってきて話し掛けてきた

「いいかい、理屈じゃないんだよ、感光だよ」

私は風を捕まえるために世界が光に満たされ始める頃を狙ってここまで来てみたが
それは強ち間違いではなかったらしい

「そうですか」と応えた後
ハンターの鞄から零れた一滴が地面に落下する弾道のまま発光していたのを私は見逃さなかった

スクリーンショット 2014-05-14 14.33.56

 
 

「分母」

分母を創刊する。
「分母」は毎号一名の作家を主に展開する手作りの小冊子であり
言説でまとわれた芸術が作家の存在理由を形成してしまう手前で
風の、光の、木の、土の、水の、都市の、人々の
名指されないまでも確かに在る声を声として認めるような媒体でありたい
願わくば、紙をめくって読む行為と芸術との結合が
小さく寂しくともひとつの生を形成することを。

2013年5月 創刊

 
 

「0m/s」

かつて私たちが土だった頃
風の停泊を眺めたものだった
今日の私達は言葉を紡ぎ
風に託す方法を知っている

2009年 ESQUISSE GALLERY Vol.99  [om/s]