「怪物君、歌垣」吉増剛造展 案内状について 2015年

印刷:木版、活版、凸版、ゴム版、オフセット
部数:2枚1組、250部
製作:中嶋幸治 + 酒井博史(日章堂印房)
写真:中嶋幸治 《垣根考》2015年(紙、糸、マラブー)

今展「怪物君、歌垣」の題字六字から「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに八重垣作る その八重垣を」(古事記)を新たに連想し、また、これまでのテンポラリースペースにおける吉増剛造展を踏まえて、詩の草稿の筆跡と色彩を平面状のマス目から雲の様に立ち上らせようと試みた。そこには言葉から羽化する「怪物君」の甘美な姿を虚像していたのかもしれない。誰もが孤独の内に抱えるであろう、様々な垣根とその垣根の向こう側の景色を、疎ましさを、努力によって克服すること、想像すること、その事態をわれわれ人間は謳歌できるのではないだろうかと考察する。

この案内状は「怪物君、歌垣」という題字を基点に、歌の根源へ立ち返るとともに詩の現在進行形を立ち上がらせることを製作者同士の対話と想像によって目指し、さらに、呼応させるようにして木版印刷、活版印刷、凸版印刷、ゴム版印刷、オフセット印刷、といった新旧の印刷技術を用いて製作した。